Ryu

湖畔好きキャンパー

キャンプ歴8年、CALYの編集長。キャンプ用具が一式揃って、収納面や格好良さを追い求めている2022年、散財警報発令中。

富士ヶ嶺おいしいキャンプ場の景色が今年イチかもしれない

花粉症であることを限界まで認めたくない。。
今年もむずむずしてます、Ryuです。

さてさて、今回レポートするキャンプ場は、
キャンプ場の聖地、山梨県の富士山近くにあるキャンプ場「富士ヶ嶺おいしいキャンプ場」です。

事前知識がほぼ無い中、電源サイト完備&富士山が一望できるという点にビビッときたので、2月下旬の冬キャンプにて行ってまいりました。

施設設備がとても良く、さらには天気にも恵まれて、最高なキャンプになりました!

富士ヶ嶺おいしいキャンプ場、かなりオススメです。

というわけで、
前半は時系列でのキャンプレポートを、
後半では施設写真を中心にご紹介していきます!

その前に、富士ヶ嶺おいしいキャンプ場ってどんなキャンプ場?

ホームページからも分かる通り、キャンプ場の目の前に広がる美しい富士山
初心者から上級者まで楽しめる、バリエーションに富んだキャンプサイト。
さらには牛舎を改装して作られた、おしゃれなbarスペースまで。

キャンプの醍醐味である「非日常」を存分に味わうことのできるキャンプ場です。

9:00 マックスバリュー富士宮朝日町店に到着!


《時刻》9:00 晴れ

週末の朝渋滞を免れるため、前日にキャンプ場近くの銭湯施設に宿泊するという前乗り作戦を決行。

当日の朝のバタバタもなく、天気も快晴。

「2021年は天気に愛される年なんだ」と今後のキャンプへの願掛けをしながらスーパーに到着。

この日の献立はこちら。

・海苔の香り漂う納豆パスタ
・牛タン
・トマトとアスパラのシーフードアヒージョ
・ステーキ
・大根おろしたっぷりの野菜鍋

男2人、野郎キャンプならではの男飯メニューです。

11:30 富士ヶ嶺おいしいキャンプ場に到着!

富士ヶ嶺おいしいキャンプ場のチェックイン・アウト時刻
◆チェックイン時間: 13〜15時(アーリーチェックイン 9時~12時)
◆チェックアウト時間:11時(レイトチェックアウト 11時~14時)

今回はキャンプ場近くに前日泊でしたので、アーリーチェックインを利用することに!

早速受付へ。

気さくにお話ししてくれる管理人さんから、キャンプ好きな気持ちが伝わってきて、なんだか嬉しい気持ちでチェックイン。

翌朝に見れる「ダイヤモンド富士」のおすすめスポットを教えてもらったり、施設写真の撮影にも快くOKいただきました!

◆今回の料金
・オートキャンプサイトL(電源付き) 2名
サイト料金12,100円+アーリーチェックイン料金440円(220円×2名)=12,540円

今回のLサイトは定員12名まで使える広々サイトです!

キャンプ場受付の様子

キャンプ場の受付はウッドテイストで素敵でした。

炭や薪、ホワイトガソリンや着火剤も販売しており、
ダッチオーブンや食器類に加え、薪ストーブといった暖房器具もレンタルできます!

うっかり忘れ物をした際にも助かりますね。

12:00 早速オートキャンプサイトLに設営開始!

積載ぱんぱん

《時刻》12:00 晴れ

この日の積載はご覧の通り。
2人キャンプですが、暖房装備も積んでいるためパンパンです。

今回予約したオートキャンプLサイトはこの位置。

キャンプ場MAP

キャンプ場の中では奥の方で、炊事場とトイレが気持ち遠いのですが
それが気にならないくらいロケーションが良いです。

比較的隣のサイトが近いオートキャンプサイトMに比べても、
Lサイトは程よく隣との距離がありプライベート感を味わうことができます
(電源サイトなしのLサイトは、2サイトが隣接しています)

設営中

そんなサイトの良さに笑みを浮かべながら、せかせか設営すること40分。

正面から

別アングルその1

別アングルその2

目の前に広がる富士山、雲ひとつない晴天。
これほど綺麗な姿で見れたことが無かったので、興奮しまくりながらも設営完了!

あれ?いつもと車やギアが違う??

気づいた方はとてもCALY通ですね。(かなり嬉しい)

そうなんです、今回のキャンプはCALY MAGAZINEを通して繋がったキャンパー「面高さん」との親睦キャンプなのです!

写真(右)が面高さん

DAMD,incの代表でもある面高さん。
車のカスタムパーツ製作をメインに、ワクワクする車文化をみんなで楽しんでいきたい。
僕が今まで出会った中の誰よりも、車への熱い想いのある方です。

今回はレンタカーキャンプを脱したいRyuのために、
DAMDにて展開している、ジムニーのカスタム車「LITTLE:D」を体験させてもらうという、至れり尽くせりキャンプでもあったわけです。

LITTLE:D

アウトドアシーンには車もアウトドア仕様がやっぱり決まりますね。
大人数には向かないけれど、カップルや夫婦キャンプにはとてもハマると思いました。

実感した想いを語りすぎると、購入欲が爆発しそうなのでこの辺りで。

ジムニー以外にも様々な展開をしているDAMDさん。
ワクワクするホームページを覗いてみてください^^

14:00 待ってました!料理タイム!

《時刻》14:00 晴れ

設営を終え、富士山にうっとりした後にはご飯タイムです。

・海苔の香り漂う納豆パスタ
・牛タン
・トマトとアスパラのシーフードアヒージョ
・ステーキ
・大根おろしたっぷりの野菜鍋

納豆パスタ(意外と美味い)

牛タンと富士山

肉をシンプルにいただく

シーフードアヒージョ

お鍋!

野菜たっぷりです

THE・男飯感満載の献立でしたが、とても美味でした。

面高さん作の納豆パスタに半信半疑の気持ちで臨みましたが、これがなんと美味しい。

上に乗っている海苔と刻んだたくわんがキーポイント。
納豆好きにオススメの一品です。

疑ってすみません。笑 美味でした!

20:00 キャンプの時間はあっという間。

夜の富士山も素敵

《時刻》20:00 晴れ

景色も堪能し、料理を楽しんだ後にはすっかり日が落ちて、寒さも厳しくなってきました。

ニーモのヘキサライトを締め切って、こちらも初の試み
テント内で映画鑑賞(プロジェクター投影)タイムです!

テント内にてプロジェクター投影

映画館とは違った臨場感

もう夜も遅かったので音量小さめに楽しみましたが、自然の中での映画鑑賞は格別でした。

これはキャンプの定番コンテンツになりそうな予感ですね。

その後も焚き火を囲んでお互いの仕事のことや今後の面白い試みに向けて、
お酒片手に語らい合いました。

焚き火の前だと色々話したくなるの何故だろう

この日のART FIRE。ブルーが綺麗に出た

6:30 ダイヤモンド富士を堪能

この日も晴天

《時刻》6:30 晴れ

前日に管理人さんから教えてもらった、ダイアモンド富士を見るべく、意地の早起きを決行!

予定よりも早い目覚めを迎え、待つこと15分。

ダイヤモンド!

美しい。。。

そして何より近くに見えるんですよね。

真ん中からはちょいズレでしたが、とても綺麗でした。また見たい。

ぱっちり目が覚めた後には、キャンプ場をうろうろしながら施設写真をパシャリ
後ほど紹介します!

てなわけでサイトに戻って、朝食・コーヒータイムです。

目玉焼きと生ハム、野菜鍋というごちゃ混ぜモーニングセットをいただき、
コーヒーを飲んでゆったりと。

ごちゃ混ぜモーニングセット

11:00 チェックアウト

《時刻》11:00 晴れ

楽しい時間もあっという間、チェックアウトの時間です。

この日もとても天気が良かったので、サクサク片付けできました。

太陽に感謝。

いざチェックアウト〜!
の前に朝に撮った施設写真もご紹介しておきます。

管理棟

広々くつろぎスペース

こたつの席も!

モニターで映画を見たり

奥のバーカウンター

管理棟内に自販機も

焚き火台を洗うスペース

ゴミ捨て場

雨の日でも大丈夫な全天候ウッドデッキサイト

中は広々

冷蔵庫が付いている!

Lサイト上空から

Lサイト上空からその2

富士ヶ嶺おいしいキャンプ場の感想まとめ!

・富士山を望める景色が美しすぎる。
・電源サイトが豊富で冬キャンプも安心
・オートキャンプLサイト(電源あり)はプライベート感あってオススメ!
・次回キャンプでは管理棟内のBARで1杯いただきたい
・納豆パスタが地味に美味しい。
・テント内での映画は最高。

綺麗に整備された区画サイトは全て車の横付け可能。

清掃の行き渡ったトイレとシャワー室に加え、お湯の出る炊事場完備と。
初心者から上級者まで幅広く楽しめるキャンプ場だと思います!

雲ひとつない天気

最高な天気にも恵まれて、リピート確定キャンプとなりました。

それに加えて今回は自分のものではないキャンプギア達で過ごしたことで、色々な発見がありましたね。

購入を迷っていたテーブルの使用感だったり、他ギアとの組み合わせ方や、知らなかった便利ギア発掘だったり。

逆に自分の持っているギアとの組み合わせを妄想したりと。

キャンプ慣れしてきたキャンパーさん、是非1度友人のギアだけで過ごすキャンプを体験してみてください。

なにかと発見があると思います!

LITTLE:D

てなわけで、今回のレポートはここまで!

また次回は5月にキャンプ予定です。
(新しくできたというWサイトを体感しに行きます)

それでは良きキャンプライフを〜!

記事をシェアする

よく読まれている記事